結婚指輪の由来


結婚指輪の意味あいや、その歴史を知ることで、より一層、大切さが実感できます。最近では、キリスト教式だけではく、神前式や人前式でも挙式の際に、結婚指輪を交換することが当たり前になっているほど、結婚をするカップルにとって、結婚指輪はとても重要な役割を占めています。日本で指輪自体は、江戸時代の終わりごろに入ってきたといわれています。一般庶民に広まったのは、高度成長期と呼ばれる昭和40年頃からだとされており、結婚指輪を交換して身に着けるというヨーロッパの考え方が浸透してきました。

結婚指輪の由来には諸説ありますが、最初に結婚指輪を身に着けたといわれているのは、9世紀の古代ローマで教皇になった、ニコラウス1世だといわれています。妻に指輪を贈ることで、結婚をした証としたのです。その後、結婚指輪は、途切れることのない愛情を意味するものとなっています。男性は鉄の指輪、女性は金の指輪を贈り合う、とされていたと当時の書物に残されています。

結婚指輪を左の薬指に付けるようになったのは、古代ギリシアの考え方から来ているといわれています。左の薬指は、心臓と直結しているという考えから、お互いの心をつなげるという意味を持つとされるようになったのです。また左手は信頼、薬指は愛情という意味があることから来ている、という説もあります